Read Article

琴弾公園から見下ろす銭形砂絵

琴弾公園から見下ろす銭形砂絵

実は私40年生きてきた中で初めて訪れたのですが、琴弾山山頂から見下ろす先に現れる砂で描かれた寛永通寳『銭形砂絵』を撮影してきました。

多くの方がカメラを構えて撮影されていたのが印象的です。

琴弾公園とは

琴弾公園

琴弾山とその西側有明浜一帯が公園区域で、園内平地部の砂浜は白砂青松の松原が発達し、松原の中程には東西122m、南北90m、周囲345mの砂絵銭形(寛永通寳)が描かれています。
園内看板より引用

山頂までは車でいけますし手前に松原、奥には瀬戸内海。そして銭形砂絵を見下ろせる景色は家族での写真撮影にもピッタリのスポットです。

銭形砂絵の効果

銭形砂絵

上から見下ろすとこのような景色!残念ながら一眼レフを持って行っていなかったのでiPhoneで撮影。

この銭形砂絵ってどんな意味があるんだろうと思いネットで調べてみると

寛永10年(1633)藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたといわれ、他に類を見ないものといえます。この銭形を見れば健康で長生き、しかもお金に不自由しなくなると伝えられている
観音寺市 観光情報より引用

健康+お金に不自由しないって凄くないっすか!まぁ効果の程はさておき目の前に広がる景色は素晴らしいの一言

息子は手を合わせていました!(神的な効果はないのですがw)

銭形砂絵 アップ

香川でもトップクラスの写真スポットですね。

アクセス・Map

琴弾公園は48ヘクタールもあり家族での散歩にも最適。展望台からの景色も最高なんですがこれだけの為に訪れるというよりもスキーの後に立ち寄るなどで一度は訪れてみて欲しいスポットでした。

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のフリーランスです。小学生の息子達と香川を満喫する為に始めた香川遊び場ネット。より多くの方に香川の良さ・楽しめる遊び場を知って貰いたいと本格的に運営を始めました。香川の家族で楽しめるスポットやイベント、食事処等の訪問先をレポートしています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。
Return Top